種類を知る | 顔にできたシミやくすみはレーザー治療で除去しよう

顔にできたシミやくすみはレーザー治療で除去しよう

この肌どうしたら治るの?

種類を知る

人間の肌にシミができてしまう原因には様々なものがあります。最も多いのが紫外線によるダメージの蓄積となっていますが、それ以外にも考えられる要因はたくさんあるのです。まず、近年増えているのが疲労の蓄積によって起こるシミです。ストレスや睡眠不足が慢性化することによって人間の肌は枯れていきます。全身の代謝が悪くなってしまいますから、当然体調不良も起こります。若いのにシミが目立つようになってきた、そんな状態にある人は疲労が原因です。
他にも45歳を超えて女性ホルモンのバランスが崩れてきているとシミの症状が現れることもあります。これは更年期障害と同時にやってくることもあり、自分の外見を等しく害してしまう印象があるためにストレスの原因となります。ホルモンバランスを安定させることで状態を改善できるようになりますから、婦人科へ通って治療薬を利用することをオススメしています。
後は自然と加齢によって浮き出てくるシミがありますが、これはスキンケアや肌の状態を出来る限り健康的に保つことが必要になってきます。美容外科へいけばレーザー治療によって消すことが十分に可能ではありますが、あまりにも高齢では肌代謝の基礎的な部分が相当に衰えていることが予想できるために、若い人と比べればレーザー治療を行った後の経過観察機関が長く必要になることもあります。
加齢や紫外線によるダメージでシミが出る場合、最も多いのがTゾーンにかけてとほっぺたのあたりです。このへんはマスクでも隠れませんし、どうしても凸型になっていますから日にやけやすいという特徴があります。紫外線対策をきっちりとしていれば、シミが多発するような状況をいくらか緩和することが出来るようになってきます。
レーザー治療を利用したあとにも日焼け防止やスキンケアは必要となってきますから、将来のことも考えてレーザーにたよりきりになるのではなくしっかりとレーザー以外の対応も行うようにして下さい。