しくみ | 顔にできたシミやくすみはレーザー治療で除去しよう

顔にできたシミやくすみはレーザー治療で除去しよう

この肌どうしたら治るの?

しくみ

シミはどうして突然現れ、消えないでそこに蓄積してしまうのか、それにはちゃんとした理由があります。まず、最も患者数が多いタイプである紫外線が原因のシミですが、これは皮膚の内部が傷ついたことによって出来るものです。
特に痛みなどを感じることはありませんが、人間は毎日紫外線をあびています。いくら対策していても完全に防げるわけではありませんから、少量でも微量でも人間の肌には紫外線が到達しているのです。肌にあたった紫外線は皮膚の中まで通って組織を刺激します。これによって細胞は肌を守ろうとメラニンからメラノサイトという物質を作り出します。日焼けをすれば肌が黒くなってしまうのはこの作用のせいです。
若い肌、肌代謝の活発な状態にあれば、メラノサイトがどれだけ生成されたとしてもだいたい4ヶ月で排出され、綺麗な白い肌に戻ることができます。しかし、年齢の経過によってだんだんと肌代謝が落ちれば、肌が内部で作り出したメラノサイトは代謝されず、中途半端に肌へ残ってしまうようになるのです。これこそがシミになるというわけです。
シミは悪者のように扱われていますが、これは肌を守ろうとした残骸であり味方です。しかし、途中で力尽きて肌から排出されなくなってしまったものですから、栄養成分を補給し、肌代謝を上げるような対策をすることでシミを綺麗にすることも不可能ではありません。
しかし、あまりにも酷い症状であれば自己代謝能力によって綺麗にするのは時間がかかってしまいます。ですからレーザー治療が利用されるようになったのです。
シミ治療には化粧品、美容外科と様々な所から呼びかけていくものがありますが、やはりレーザー治療が最も効果的で早いです。レーザー治療は美容外科で行っているものが代表的ですが、利用する美容外科によってレーザー治療に利用するレーザー設備も違います。その機械によって効果が変化することもありますから、どうせ同じシミ消しのレーザー治療を受けるのなら、最も効果が高い機械を利用している病院を選択して下さい。
治療費用が高ければ良いというわけではなく、自分の肌や条件に一致した治療を受けるのが問題解決の近道となっています。